映画の感想とかを書くブログ

映画とかアニメの感想、劇場の感想、ドラマの感想を書いています。

【映画】沈黙の逆襲 あらすじネタバレ感想 セガールアクションは楽しめるけど他がダメダメ

スポンサーリンク

こんにちは!ワイロです。

 

今回は、映画『沈黙の逆襲』の感想を書いていきます。

ストーリーやキャラクターは微妙ですが、アクションは面白い映画です。

是非ご覧ください!

沈黙の逆襲(吹替版)

沈黙の逆襲(吹替版)

 

 

 

作品情報

2009年 / アメリカ / 94分

監督 キオニ・ワックスマン

出演 スティーヴン・セガール

 

あらすじ

 スティーブン・セガール主演の刑事アクション。ロサンゼルス市警の刑事・ローランドは、金に目のくらんだ同僚に命を狙われる。同僚を返り討ちにしたローランドだったが、その事件をきっかけに刑事を辞め、ニューメキシコへと移り住むことに。ローランドはボディガードとして人生を再出発しようとするが、そこで再び仲間の裏切りに合う。

https://eiga.com/movie/54858/より

 

ネタバレ感想 アクション以外全てがダメダメ

セガールアクションは良いですが、他がダメダメです。

ストーリーは面白くないし、敵キャラ、味方キャラに魅力的な人もいない・・・

もうちょっとどんでん返しがあったり、アクションが多かったりしたら良いんですけどね。

まぁセガールアクションは楽しめるので、是非。

 

良い点

  • セガールアクションが面白い

 

悪い点

  • ストーリーがつまらない
  • 魅力的なキャラクターがいない
  • アクションが少ない

 

説明していきます。

 

良い点

  • セガールアクションが面白い

ナイフを投げたり、チョップしたり、高速でなぎ払ったり、金的したり、テーブルに頭を打ちつけまくったり、腕を曲げまくったり、空手的な蹴りを繰り出したり、、、

圧倒的強者アクションが最高です。

この中でも、ナイフで音もなく敵を倒したり、金的で怯んだところを攻撃したり、腕を曲げて動けなくなったところをテーブルに頭を打ちつけたりなどは、『奪還アルカトラズ』では使っていなかったので、新鮮味があり楽しめました。

 

ただ、アクションが見づらい・・・

めっちゃ早いアクションなのに、視点変更しまくるからどうなっているのかよく分からない。

『奪還アルカトラズ』もそうでしたが、せっかくのセガールアクションが全く活かされていないんですよ。本当にもったいない。

やっぱり、『ジョンウィック』のような、視点変更がほとんどない「第三者目線のアクション」が一番良いです。

 

話は変わりますが、ナイフ繋がりで『エクスペンダブルズ』に出演してくれないかなぁ。

ステイサムと勝負して欲しい。

www.wairo33.com

www.wairo33.com

 

悪い点

  • ストーリーがつまらない

まぁアクション映画にストーリーを求めるのもおかしな話ですが、ストーリーがつまらないです。

どんでん返しもないから、次にどうなるのか予測できちゃうレベル・・・

最初の方に出てきた相棒が実は生きていて、クライマックスのバトルで乱入してきたりしたら、面白かったです。

あと、ラストシーンでコナーがクロスを撃っちゃうとか。

 

  • 魅力的なキャラクターがいない

セガールはアクションがあるから良いとして、魅力的なキャラが誰一人いない。

敵にもセガールの脅威になるような人がいないし、味方にも、愛着が湧くようなキャラが一人もいない。

圧倒的強者アクションってことで、脅威を作る必要がないのかもしれませんが、もう少し面白いバトルを見たかった。

 

  • アクションが少ない

そもそも上映時間が短いのでこんなものかもしれませんが、アクションが少ない気がしますね。

アクションしか良いところがない映画なのに、それすら少ないとか論外すぎる。

この2倍くらいは見たかったです。

 

キャスト

  • スティーヴン・セガール

沈黙の戦艦

暴走特急

など

 

 

最後に

アクション以外良いところがありませんが、セガールの圧倒的強者アクションは面白いです。

 

是非ご覧ください!

 

ではまた次回!

 

オススメの記事

www.wairo33.com

www.wairo33.com

www.wairo33.com