映画の感想とかを書くブログ

映画やドラマの感想を面白半分に書くブログ

【スターウォーズドラマ】マンダロリアン シーズン1第6話 あらすじネタバレ感想 流石に挑戦しすぎでは?

こんにちは!ワイロです。

 

今回は、スターウォーズのスピンオフドラマ『マンダロリアン』シーズン1第6話の感想を書いていきます。

 

 

 

マンダロリアン シーズン1第6話のネタバレあらすじ

マンダロリアンは旧友に誘われて救出任務へ

仲間に裏切られたりしつつも任務を遂行、ビーコンを設置して何処かへ行く

ビーコンを傍受した共和国部隊(Xウィング!)が到着して終了

 

シーズン1第6話のネタバレ感想 正直つまらない・・・

ストーリーとしては、よく分からん奴の救出任務にいき、その過程で色々とハプニングがあるというあるあるな物で、正直つまらないです。

新事実も大きなものは特になく、アクションも新しいものはない

期待外れな回でした。

 

ラストのあれを観るまでは...

ラスト、まさかのXウィングが登場!

新共和国の攻撃部隊と言っていましたが、まさかXウィングとは。

後面の赤い光がまんまXウィングで、超興奮しました。

Xウィングを実写で観られるなんて最高!

 

良い点

  • アーマーが美しい

今回は、マンダロリアンのアーマーが一段と美しいですね。

ハイパースペース航行中の青く反射したアーマー、囚人輸送船での赤く反射したアーマー、どちらも本当に美しかったです。

マンダロリアンアーマーをデザインした人は凄いですね。

一着欲しい。

 

  • スパイ映画、逆ホラー映画要素がある

囚人輸送船をハイジャックするところはスパイ映画っぽいですし、裏切った仲間に復讐するマンドーは、逆ホラー映画みたいで面白いです。

ただ、こういった要素を追加した弊害として、スターウォーズ感が無くなっていました。

囚人輸送船は初見の為スターウォーズ感がなく、仲間の犯罪者達も初めて見る顔ぶればかり。

さらに、知っているキャラクターはマンダロリアンとベイビーヨーダだけという、スターウォーズ要素をかなり排除した回でした。(ラストのあれは除いて)

たまにはこう言った挑戦的な回もあって良いと思いますが、流石にスターウォーズ要素が少なすぎて途中で「ん?」と思いましたね。

 

  • Xウィングが登場する!

ラスト、まさかのXウィングが登場しましたね!

いやぁ、あれは本当に興奮したし、嬉しかった。

ここまで、一切と言っても過言でないほどスターウォーズ要素がない話から、ラストでXウィングが登場する事で、より興奮を味わうことができましたね。

もしかして、このためにスターウォーズ要素を排除したの? 

 

 悪い点

  • 話がつまらないし、特に新しいものもない

と、Xウィング登場は興奮しましたが、やっぱりストーリーはつまらないですね。

よく分からんキャラクターを救出するのとか興味ないですし、仲間同士で裏切るのも目に見えていた。

しかも、その裏切りにもどんでん返し的展開もなく、淡々とマンダロリアンが復讐していくだけ。

復讐時のアクションも、今まで観てきた物ばかり。

正直、新しいものが少なすぎて、「これ観る意味あるのか?」 と途中で感じました。

まぁ、スターウォーズだから観ますし、挑戦的な回を作るのもありだと思いますが、流石にこれは挑戦しすぎですね。

 

なんか、こうやって感想を書いているうちに、あのXウィングの登場は、

「スターウォーズ要素ないところにXウィング登場させたら、あいつら喜ぶだろう。それに、スターウォーズ要素がないストーリーの言い訳にもなる」

ということなの?って思ってしまいました。

 

流石にこれは言い過ぎだと思いますが、スターウォーズ要素は多めにして欲しかったですね。

 

新事実とその解説

  •  旧帝国という勢力がある

新共和国の他に、旧帝国という勢力もあるそうです。

ファーストオーダーは帝国の残党の集まりでできていたので、恐らくファーストオーダーの前身である勢力ですね。

ファーストオーダー設立前の旧帝国の様子も面白そうなので、ドラマで観てみたいです。

 

 

...正直、『スローン三部作』とごっちゃになってきました・・・

『マンダロリアン』も『スローン三部作』も両方、EP6後の話で、しかも登場する勢力とかが被っているんですよね・・・

(旧帝国は、『スローン三部作』ではスローンが率いている帝国軍、『マンダロリアン』では、ファーストオーダーの前身)

ちょっと、自分でもごっちゃになっていると思うので、正史ではあり得ない考察をしている可能性があります。

本当に申し訳ない。

 

  • 新共和国の囚人輸送船というものがある

囚人輸送船は、『反乱者たち』で帝国のものが出てきましたが、新共和国のものは初めて出てきましたね。

新しい船とかが登場するのは良いと思います。

ただ、この輸送船の内装がスターウォーズらしく無い・・・

どこか冷たいあの内装は、囚人輸送にはぴったりですが、スターウォーズで登場させるべきではありませんでしたね。

違う映画を観ているようでした。

 

キャラクター紹介

  • マンダロリアン

名前はマンドー。

一対一のバトルでは無類の強さを誇ると思われていたが、普通に負けることもある。

とはいえ大抵の敵には勝てるし、機転も利く、強い主人公。

 

  • ベイビーヨーダ

マンダロリアンの息子で、『マンダロリアン』のマスコット的キャラクター。

だが、今回はほとんど登場しない。

そろそろフォースを使って欲しい。

 

キャスト

  • ペドロ・パスカル(マンダロリアン役)

 

  • ジーナ・カラーノ(キャラ・デューン役)

デッドプール

ワイスピユーロミッション

など 

 

  • カール・ウェザース(グリーフ・カルガ役)

ロッキーシリーズ

など

 

  • ニック・ノルティ(アグノート役)

ハルク

など

 

  • タイカ・ワイティティ(IG-11役)

マイティーソーバトルロイヤル(監督も務めている)

アベンジャーズエンドゲーム

など

 

マンダロリアン シーズン1第6話のまとめ

 スターウォーズらしくはありませんでしたが、ラストのXウィングは超興奮しましたし、マンダロリアンもいつも通りカッコ良かったです。

 

ではまた次回!

 

我らの道!

  

次回の感想

【スターウォーズドラマ】マンダロリアン シーズン1第7話 あらすじネタバレ感想考察 まさかのキャラが登場する最高にアツい神回 - 映画の感想とかを書くブログ

 

前回の感想

【スターウォーズドラマ】マンダロリアン シーズン1第5話 あらすじネタバレ感想考察 タトゥイーンのその後がヤバイ・・・ - 映画の感想とかを書くブログ

  

シーズン1のまとめ

【スターウォーズドラマ】マンダロリアン シーズン1のまとめと感想 振り返り - 映画の感想とかを書くブログ

 

スカイウォーカーの夜明けの感想

【映画】スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ネタバレ感想考察 ファンサービスたっぷりで最高に楽しめた! - 映画の感想とかを書くブログ